行政書士試験の難易度と資格の大原の特徴

行政書士の試験の難易度は国家試験の中では高くはない。法律系の資格である司法試験や、司法書士、税理士、公認会計士などの資格と比べて優しく、特に最近は合格者数も合格率も高く合格が簡単になってきているので、難易度の低い国家試験であるといえる。

行政書士試験の合格率は直近では10%を超える合格率であり、試験問題が易しくなってきている傾向にある。ただ、過去10年では2%台の年もあり、いつ試験問題を難化して合格率が下がるかは、わからない状態である。

正確な統計はないものの、ちまたでは、行政書士に合格するための勉強期間は2年から3年と言われている。法律系国家資格の最難関である司法試験が10年戦争と言われ、司法書士試験が5年から7年くらいと言われていることからも、行政書士試験の勉強期間が2年から3年と言われていることは、やさしい部類に入るであろう。

ここからは、推測の域を出ないが、行政書士の試験のために朝から晩まで図書館や自宅や予備校に缶詰になり、勉強している人は少ないのではないだろうか。多くの受験者が学生や社会人で学校や仕事を持ちながら、自らの本業を持ちながら勉強しているのではないだろうか。

行政書士の試験のための講座を開講する予備校の資格の大原では、行政書士講座を開講している。学生や社会人が通い、学習している。大原の特徴は、自習室を開放していたり、オリジナルのテキストで勉強しやすい環境であったり、受験生へのフォローアップが揃っている。そして、アクセスしやすい立地場所にあることから通学通勤のアクセスの手間となりにくいという利点が特徴的である。様々なコースから自分に適した講座を受講して、より短期間での合格を目指す環境が整っているといえるだろう。


他の通信講座もチェックする

>>行政書士の資格についてもっと知りたい方はこのサイトがオススメ

>>その他の勉強法についても詳しく知りたい方はこちらのサイトがオススメ